【ドラム講師】工藤夕佳(くどうゆうか)さん〜『好きなことでめしを食べたい!』夢中になれるものを追い続けて、これまで教えてきた生徒はのべ200名以上!くどうゆうか Drums school〜

こんにちは。
家族4人、山形暮らしをはじめました。伊藤 秀和(@hidecch999です。

子どもの頃にあんなに夢中になったことも、大人になっても続けていることって少なくありませんか?

今、あなたが夢中になっていることはありますか?

そんな中、子どもの頃からずーーーっと音楽を続けて、現在ドラム講師の傍ら、バンドマンとしても活動をしている方を取材させて頂きました!

今回のミカワビトは佐竹優子さんからのご紹介で工藤夕佳さんです!!

この記事では、何か夢中になれることを探している方にぜひ読んで頂きたい記事です。

それでは、いってみよー!!

ミカワビト

工藤夕佳(くどうゆうか)さんってどんな人?

 

1979年三川町生まれ。

3歳のころからよく歌を歌ったり、子どもながらに音楽が好きだった。

6歳にもなると、自宅そばのピアノ教室に通うように。

三川町で幼少期を過ごし、鶴岡の高校に進学。

大学受験は、これまでの経験を活かしてピアノで受験し、滋賀の大学で音楽教育を学ぶ。

大学では寮に入り、友人に誘われてた軽音サークルでドラムを始める。

音楽漬けの日々を過ごし、毎月1,2回ライブ活動を実施。

大学卒業後はヤマハ音楽院大阪に在籍し、音楽の基礎的なことから幅広いジャンルを習得。

4年ほど大阪で過ごした後、庄内・鶴岡にUターン。

庄内に戻ってきてからは、音楽会社で営業をしながらドラム講師としても活動。

20名弱の生徒を抱える先生として、8年間勤務。

現在は、山形県鶴岡と酒田を拠点に個別レッスンを中心にする『くどうゆうかDrums school』を運営。

その他、中学校や高校の吹奏楽部へのドラム・ラテンパーカッションレッスン、吹奏楽やビッグバンドのサポート演奏、バンドBlowfishのドラマーとしても幅広く活動。

これまで受講生は、のべ200名以上の人気講師。

 

くどうゆうか Drums school(活動・組織)とは?

以前の音楽会社に勤めていた際に行っていたドラム教室で、生徒さんに現在の鶴岡教室の場所をご紹介いただきました。

実はここは企業の休憩室。

使われていない機材を自由に使ってよいとのことで、はじめさせてもらったのがきっかけです。

こちらの企業に在籍する方でバンドをやっている方がいたのですが、しばらくの間ドラマーが不在。

機材だけ使われず眠っておりました。

そうしたご縁で始めたドラム教室も、1人また1人と生徒さんが増えていき、酒田にも教室をもつことができました。

現在は20名弱の生徒さんがおります。

私の教室では、『まずはやってみる。叩いてみる。』をモットーに、音を出すことを楽しみ、コミュニケーションをしながら楽しく指導させて頂いております。

出来ないことができるようになる瞬間を間近で見れることがやりがいです。

酒田・鶴岡ともに、生徒募集中です!

お問い合わせは、メールにてご連絡ください。

【MAIL】drykpon@gmail.com

◆酒田教室

【会場】酒田ミュージックファクトリー

【住所】山形県酒田市大宮町2丁目8-152F

【営業時間】10:00~22:00

◆鶴岡教室

【住所】〒997-0334 山形県鶴岡市丸岡字鳥飼27-10(株)東北技研工業 事務所2階

【営業時間】10:00~22:00

【アクセス】鶴岡駅から車で15分  鶴岡ICから車で25分

スクールをはじめたきっかけ・やりがい

そもそもドラムを始めたきっかけは、大学の軽音楽部でガールズバンドを組むことなったときです。

本当はボーカル志望でしたがそのときドラムが不在だったため、少し興味があったドラムをやることに。

ピアノをやっていたこともあり楽譜が読めたので、JUDY AND MARYさんの楽曲を中心にコピーしてました。

やればやるほど叩けるようになり、楽しくてどんどんのめり込んでいきました!!

あのときにドラムになったことで、今こうしてドラム教室を持つことができ本当によかったです。

そんなきっかけでドラムを始めました。

庄内に戻ってきていざ仕事を何しようというときに、

『好きなことでめしを食べたい』

そんな思いから、音楽会社に勤めながらドラム教室を始めました。

楽器をやっていると自由になれる。

ピアノには楽譜通りに引かないと間違いになってしまうけど、ドラムは違う。

枠にとらわれない演奏ができる。

それがドラムの良いところです。

もともと教えることも好きだったため、こうしてドラム講師ができることは天職だと思います。

ドラムだけを教えるのではなく、ドラムを通じてその人の生き方に携わっていきたい。

そんな風に思います。

現在は『くどうゆうか Drums school』として、自分の教室を持つことができ幸せに感じております。

三川町はどんな町?

活気がある町だと思います。

イオンがあり、国道7号のバイパスも出来て、人も賑わっており、企業もたくさん集まってきてます。

小さいころは離れたくてたまらない町だったけど、いざ離れてみると三川町の過ごしやすさを感じております。

子育てもしやすく人口も増えている良い町です。

立地的にも鶴岡と酒田の間なので、私のスクールへも行きやすい場所でもあります。

三川町に家があったら、鶴岡・酒田それぞれのスクールにも行きやすくてよいなと思っております。

三川町のオススメはこれ!

らーめんはらださんのトビウオラーメンがオススメです。

細めのちぢれ麺がツルツルシコシコ、飛魚のダシがやさしい旨味、 チャーシューもしっかり食感で、めちゃウマです!

みなさんもぜひ行ってみてくださいーー♪

鶴岡にいる今でもたまに通っております。

今後の目標は?

 

『日々、楽しく過ごしていたい。』

『好き』を仕事にしてはじめたドラムスクール。

こうしてドラム講師を仕事にしながら、バンドを続けられていることに幸せを感じます。

ゆくゆくは、生まれ育った三川町に自分の教室を持っていきたいと思ってます。

ご自身の活動の宣伝をどうぞ!

Blowfishというスリーピースバンドのドラマーとしても活動をしております。

酒田hopeを中心に、月に1、2回ライブ活動を行っております。

直近のイベントとして、2019年1月14日の酒田hopeで新春ライブを行います!!

みなさんぜひいらしてください。

まとめ

やりたいことでめしを食べる!

小さいころからの『好き』を突き詰めて、音楽を仕事にした工藤先生。

熱い思いに溢れて、音楽活動やドラム講師としての活動を行っておりました。

こうして自分が夢中になれるものを仕事にできたらよいですね!!

ABOUTこの記事をかいた人

都会での子育てで仕事に没頭しすぎて、ワンオペ育児になってしまったため、生活環境を変えて心機一転、脱サラ。現在は三川町地域おこし協力隊として、「ミカワビト」という担当地域で活躍している人の紹介記事をブログ上に執筆。他、SNS・ブログ・ラジオによる情報発信、イベント企画・運営、家族移住ブログ「家族4人、山形暮らしはじめました。」・通販サイト「めいぶつチョイス」三川町ページ運営中。