美容と健康に役立つ!三川町の田からもの『大麦茶』を飲むことで元気に過ごせる10の秘訣!

ところで、みんな麦茶って飲んでる?

夏になるとみんなフツーに飲みだしていて、いつけど、結構良いことたくさんあるんだよ!!

これから夏バテとかも懸念される時期だけど、麦茶を飲んで入れば元気に過ごせるかも!!

さて、三川町も大麦による町おこしという機運が高まってきておりますが、今回は暑くなるにつれて飲みたい大麦を使った大麦茶についてまとめてみたいと思います。

■目次
1. 大麦茶の特徴
2. 大麦茶の効能
3. 三川町の大麦茶はここで買える

大麦茶の特徴

一般的な麦茶と言われるものは大麦の種子を煎じてできた『大麦茶』です。
歴史的には平安時代の貴族の飲み物であり、緑茶よりも歴史は長く戦国武将にもよく飲まれておりました。
江戸時代あたりからは大衆向けの飲み物として、夏の飲み物の定番になったようです。

大麦には2種類あり、ビールなどのお酒に使われる二条大麦と食用に使われる六条大麦があります。
大麦茶に関しては、六条大麦を使って生成されます。

カフェインのないことから就寝前に飲んだり、妊婦さんや乳幼児と年齢を問わずに幅広い年代層に愛されている飲み物です。

ちなみに全国麦茶工業協同組合が毎年6月1日は麦茶の日と定めているそうです。

大麦茶の効能

1、血行を促進する作用がある

アルキルピラジンという麦茶に含まれる成分のおかげで血流がよくなると言われております。

2、血圧を下げる作用がある

麦茶に含まれるGABAによりノルアドレナリンの過剰分泌を抑えて血液もサラサラに。

3、活性酸素を低下させる抗酸化作用がある

Pクマル酸と言われる成分が活性酸素を除去!いつまでも若い肌を維持。
しかも麦茶であれば、手軽に飲めますね。

4、がん予防にも役立つ

前述のPクマル酸によりニトロソアミンを生成し、発がんリスクを下げる。

5、体温を下げることで熱中症防止になる

大麦には体温を下げる効果があります。夏にはよい飲み物ですね。

6、虫歯予防に役立つ

前述のPクマル酸によりバクテリアの定着を防ぎ、虫歯の原因になるミュータンス菌の活動を抑える。

7、水溶性食物繊維で腸内環境もキレイに

大麦にはβグルカンという水溶性食物繊維が入っており、腸内環境を整えることに役立ちます。

8、胃の粘膜保護に役立つ

麦茶の成分には、胃の粘膜保護する作用があります。
食べすぎ飲みすぎの際は、麦茶を飲んで胃をしっかり守りましょう。

※参考:女性の美学

三川町の大麦茶はここで買える

引用元:http://www.shonaikyodonosan.com/mugi-otya.html

庄内協同農産さんで無農薬大麦茶が買えます。ふるさと納税の返礼品や、Amazonにも出品しております。

引用元:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/06426/352959

私も飲んでみましたが通常の麦茶よりも香りが深く、非常に飲みやすい大麦茶でした!
カフェインもないので授乳中のお母さんや、子どもの飲み物としても良い飲み物です。

子どものころは当たり前のように、夏場の冷蔵庫に麦茶がありましたが、こうして効能や生産者さんの話を間近にして飲んだ麦茶はまた一段とおいしいです。

▼こちらのめいぶつチョイスサイトから購入可能になりました▼

山形県三川町 商品一覧ページはこちら

この夏、三川町の田からもの(田んぼからできた宝物のような名産品)大麦による、味わい深い麦茶。
いかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

都会での子育てで仕事に没頭しすぎて、ワンオペ育児になってしまったため、生活環境を変えて心機一転、脱サラ。現在は三川町地域おこし協力隊として、「ミカワビト」という担当地域で活躍している人の紹介記事をブログ上に執筆。他、SNS・ブログ・ラジオによる情報発信、イベント企画・運営、家族移住ブログ「家族4人、山形暮らしはじめました。」・通販サイト「めいぶつチョイス」三川町ページ運営中。